子育て支援事業・みらい

2014年の厚生労働省の発表で、6人に1人の子どもが貧困状況にあることが明らかになりました。さらにひとり親家庭の貧困率は深刻な状況です。

伊勢原市の実態や「ひとり親家庭福祉協会」のメンバーからの要望等もあり、何度か検討を重ね平成28年度当法人の新規事業計画に子ども支援事業としていせはらみらいクルリンこども食堂」「学習サポートみらい・つなぐを立ち上げました。

こども支援事業